軽自動車検査協会 HOME >  各種手続き >  名義変更(売買・譲渡)

名義変更(売買・譲渡)

[ 2017年9月5日 更新 ]

軽自動車の売買や譲渡を行った場合には、「名義変更」の手続きが必要です。

必要書類

【1】自動車検査証(車検証)

自動車検査証の原本が必要となります。(コピー不可)
※お手元に自動車検査証をご用意のうえご確認ください。

【2】使用者の印鑑

新しく使用者となられる方の印鑑
・個人の場合は、認印または署名
・法人の場合は、代表者印または署名

※自動車検査証記入申請書または申請依頼書の使用者の欄に押印したものをお持ちいただいても結構です。

【3】所有者の印鑑

新しく所有者となられる方の印鑑
・個人の場合は、認印
・法人の場合は、代表者印

※使用者と所有者が同一の場合は必要ありません。
※自動車検査証記入申請書または申請依頼書の所有者の欄に押印したものをお持ちいただいても結構です。

【4】使用者の住所を証する書面

新しく使用者となられる方の住所証明書(発行されてから3ヶ月以内)は以下のいずれか1点が必要となります。
※これらのコピー(複写)でも可能です。
※複数ページで交付された書面の場合は、全ページ分をお持ちください。

個人の場合

・住民票の写し(マイナンバーが記載されていないもの)
・印鑑(登録)証明書

法人の場合

・商業登記簿謄(抄)本
・登記事項証明書
・印鑑(登録)証明書
※法人で上記書面が存在しない法人の場合は、公的機関が発行する事業証明書、営業証明書、課税証明書または電気・都市ガス・水道・固定電話料金領収書のいずれか1点

【5】旧所有者の印鑑

自動車検査証に記載されている所有者の方の印鑑
・個人の場合は、認印
・法人の場合は、代表者印

※自動車検査証記入申請書または申請依頼書の旧所有者の欄に押印したものをお持ちいただいても結構です。

【6】ナンバープレート(車両番号標)

自動車検査証に記載されている使用の本拠の位置の管轄に変更がなければ必要はありません。
管轄が変更となる場合は、ナンバープレート代が別途必要となります。
紛失などによりナンバープレートが無い場合には、車両番号標未処分理由書の提出が必要となり、使用者の押印または署名が必要です。

【7】自動車検査証記入申請書(軽第1号様式または軽専用第1号様式)

当協会事務所・支所・分室の窓口等で入手することが可能です。

使用者及び所有者が変更になった場合の例

記載例

【8】事業用自動車等連絡書

事業用(黒ナンバー)としてお車を使用する場合、お使いになっていたお車を使用しなくなった場合等に必要となります。

使用の本拠の位置を管轄する運輸支局 輸送担当窓口へお問い合わせ下さい。

【9】軽自動車税申告書

当協会事務所・支所・分室近隣の関係団体の窓口で入手することができます。

【10】自動車取得税申告書

当協会事務所・支所・分室近隣の関係団体の窓口で入手することができます。

メモ用紙

メモ用紙
名義変更に必要な書類をチェックするためのシートをご用意しています。

下記のPDFファイルをご利用ください。

申請手数料

申請の種類

申請手数料
自動車検査証記載事項の変更 無料

申請手続き事務所・支所・分室

お手続きについては、新しい使用者がお車をお使いになる場所(使用の本拠の位置)を管轄する事務所・支所・分室となります。

例.(品川区の場合 東京主管事務所)
東京主管事務所:管轄

動画による解説

*各種手続きに関しましては、ページ上部やサイト内の説明もよくお読みください。

*この動画は、手続きに必要となる書類や窓口での申請順序についてできるだけわかりやすくイメージした動画です。各窓口があり、順番に手続きする流れとなっておりますが、事務所の配置等により異なる部分もありますのでご理解ください。