軽自動車検査協会 HOME >  各種手続き >  ご当地ナンバーの交付

ご当地ナンバーの交付

[ 2016年12月28日 更新 ]

新規検査または自動車検査証の記載事項変更(名義変更・住所変更など)によりナンバー変更される自動車から順次、新しい表示ナンバーを交付することとなりますが、現在使用中の軽自動車についても、ご当地ナンバーへの変更を希望する場合には交換することができます。「ご当地ナンバーの交付」の手続きに必要な書類などについては下記の表をご覧ください。申請は管轄の当協会事務所・支所にて行ってください。
「ご当地ナンバー」での「希望ナンバー」および「字光式ナンバー」を希望される場合は、下記リンクをあわせてご覧ください。

「ご当地ナンバーの交付」の手続きに必要な書類など

「ご当地ナンバーの交付」の手続きに必要な書類などには、「ご自身でご用意いただくもの」・「関係団体等の窓口で入手可能なもの」があります。
No 書類などの名称 ご自身でご用意いただくもの 関係団体等の窓口
で入手可能なもの
使用者の印鑑  
自動車検査証(車検証)  
ナンバープレート(車両番号標)  
自動車検査証記入申請書
軽第3号様式
 
軽自動車税申告書  

必要な書類の説明

【1】使用者の印鑑

個人の場合は認印または署名、法人の場合は代表者印または署名が必要です。
※ご自身で事前にご用意いただく必要があります。

【2】自動車検査証(車検証)

※ご自身で事前にご用意いただく必要があります。

【3】ナンバープレート(車両番号標)

現在使用中のナンバープレートの返還が必要です。
※ご自身で事前にご用意いただく必要があります。

【4】自動車検査証記入申請書(軽第3号様式)

※この用紙は当協会事務所・支所・分室の窓口等で入手することができます。

【5】軽自動車税申告書

※この用紙は当協会事務所・支所近隣の関係団体の窓口で入手することができます。

申請手数料

ナンバープレート代、関係団体での諸手続きにおける費用が必要となります。詳しくは当協会事務所・支所近隣の関係団体にお問い合わせください。

Q&A(よくあるご質問)

ご当地ナンバーの導入地域

従来、自動車のナンバープレートに表示されている地域名は、自動車を使用している地域を管轄する運輸支局や自動車検査登録事務所の名称などを表示してきましたが、地域振興や観光振興に大きな効果があるとする自治体の要望に応えるため、運輸支局などの新設の有無にかかわらず、29の地域を新たにナンバープレートに表示する地域名として加え、新たな地域名表示ナンバープレート(いわゆる「ご当地ナンバー」)を導入しました。

第1弾:平成18年10月10日より「仙台ナンバー」など17ナンバー
    平成19年 2月13日より「つくばナンバー」
    平成20年11月 4日より「富士山ナンバー」

第2弾:平成26年11月17日より「盛岡ナンバー」など10ナンバー

第1弾ナンバー

ナンバー名 払出事務所等 対象となる市町村名
仙台 宮城 仙台市
会津 福島 会津若松市、喜多方市、南会津郡、耶麻郡、河沼郡、大沼郡
つくば 土浦 古河市、結城市、下妻市、常総市、つくば市、守谷市、筑西市、坂東市、桜川市、つくばみらい市、結城郡八千代町、猿島郡
那須 栃木 大田原市、那須塩原市、那須郡のうち(那須町)
野田 柏市、我孫子市
成田 千葉 成田市、富里市、山武市、山武郡のうち(芝山町、横芝光町)、香取郡のうち(神崎町、多古町)
川越 所沢 川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、入間郡のうち(毛呂山町、越生町)
富士山 山梨 山梨県のうち富士吉田市、南都留郡
金沢 石川 金沢市、かほく市、河北郡
富士山 沼津 静岡県のうち富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、駿東郡のうち(小山町)
伊豆 沼津 熱海市、三島市、伊東市、下田市、伊豆市、伊豆の国市、加茂郡、田方郡函南町
岡崎 三河 岡崎市、額田郡幸田町
和泉 堺市
倉敷 岡山 倉敷市、笠岡市、井原市、浅口市、浅口郡里庄町、小田郡矢掛町
豊田 三河 豊田市
一宮 小牧 一宮市
下関 山口 下関市
諏訪 松本 岡谷市、諏訪市、茅野市、諏訪郡
高崎 群馬 高崎市、安中市
鈴鹿 三重 鈴鹿市、亀山市

第2弾ナンバー

ナンバー名 払出事務所等 対象となる市町村名
盛岡 岩手 盛岡市、八幡平市、滝沢市、紫波郡
平泉 岩手 一関市、奥州市、胆沢郡金ヶ崎町、西磐井郡平泉町
郡山 福島 郡山市
世田谷 東京 世田谷区
杉並 練馬 杉並区
前橋 群馬 前橋市、北群馬郡のうち(吉岡町)
川口 埼玉 川口市
越谷 春日部 越谷市
春日井 小牧 春日井市
奄美 奄美 奄美市、大島郡