軽自動車検査協会 HOME >  軽自動車の車検 >  検査の受け方

検査の受け方

[ 2017年9月5日 更新 ]

このページに掲載されている情報

下回り検査

下記画像の「1」「3」「5」「6」「7」「8」をクリックすると、各検査の詳しい内容について確認することができます。

検査機器等の配置は、検査場によって異なります。
上記検査機器の配置例は、自動方式総合検査用機器「マルチテスタ」の例です。

下回り検査

下回り検査
【1】かじ取装置
【2】制動装置
【3】走行装置
【4】緩衝装置
【5】動力伝達装置
【6】車わく及び車体
【7】排出ガス関係装置
【8】燃料装置
などの検査をします。

リフト中央部に乗込み後、必ずギアをニュートラルにしてエンジンを停止し、駐車ブレーキを引いて下さい。その後は検査員の指示に従って操作などを行って下さい。

動画による解説

*車検(検査)の受け方に関しましては、ページ内やサイト内の説明もよくお読みください。

*この動画は、車検(検査)の受け方をできるだけわかりやすくイメージ化したものです。実際の検査場の仕様、お持ちのお車の仕様によってはこの動画の限りではありません。あらかじめご理解ください。


[ 全 7 ページ中、 7 ページ目を表示中 ]