軽自動車検査協会 HOME >  軽自動車の車検 >  検査の受け方

検査の受け方

[ 2017年9月5日 更新 ]

スピードメータ・ヘッドライト・ブレーキ・テスタ

「スピードメータ・ヘッドライト・ブレーキ・テスタ」の次の検査内容を確認するには、下記画像の「7」をクリックしてください。

検査機器等の配置は、検査場によって異なります。
上記検査機器の配置例は、自動方式総合検査用機器「マルチテスタ」の例です。

スピードメータ・テスタによる検査

スピードメータ・テスタ
速度計の検査をします。場内の注意事項の表示に従い、速度計が40km/hを指す瞬間にパッシングをしてください。

ヘッドライト・テスタによる検査

前照灯(ヘッドライト)の検査をします。場内の注意事項の表示に従い、前照灯(ヘッドライト)を点灯(上向または下向)させギアをニュートラルにして駐車ブレーキを引いて下さい。検査終了後は、駐車ブレーキをもどして下さい。

ブレーキ・テスタによる検査

主ブレーキと駐車ブレーキの検査をします。場内の注意事項の表示に従いブレーキペダル(レバー)は静かに踏んで(引いて)下さい。「はなす」、「もどす」の表示がでたらすみやかに従って下さい。前進する際は、ヘッドライト・テスタの横への動き、前方車両にも注意して安全を確認してから進んでください。

動画による解説

*車検(検査)の受け方に関しましては、ページ内やサイト内の説明もよくお読みください。

*この動画は、車検(検査)の受け方をできるだけわかりやすくイメージ化したものです。実際の検査場の仕様、お持ちのお車の仕様によってはこの動画の限りではありません。あらかじめご理解ください。






[ 全 7 ページ中、 5 ページ目を表示中 ]