軽自動車の歴史

[ 2014年12月16日 更新 ]

昭和30年~40年代前半  軽自動車の本格生産とマイカー時代

軽自動車メーカーの台頭

昭和30年代前半(1955年~)には鈴木自動車工業、ダイハツ工業、富士重工業、東洋工業(現:マツダ)、新三菱重工業といった軽自動車メーカーが出そろい、いよいよ本格的に軽3輪車、軽4輪車の生産が開始されていきます。

一方市場では、高度経済成長を底辺で支える中小企業や個人事業主、個人商店において、小口の輸送需要が十分に高まっていました。昭和29年(1954年)の法改正で軽自動車の排気量が360cc に落ち着いた後、軽自動車の性能、大きさの拡大にいち早く着目し、3輪車の技術を小型化の中で生かし、実用的で、何よりも経済的な輸送手段として提供することが各社において考えられました。

一世を風靡した軽3輪車

ダイハツ工業ミゼット と 三井精機工業バンビー

ダイハツ工業ミゼット と 三井精機工業バンビー

軽3輪車はこのような状況の中、昭和30年(1955年)に登場し、昭和32年(1957年)のダイハツ工業のミゼットの登場とともに、わが国自動車史上最初の軽自動車ブーム「ミゼット旋風」が起きたのです。軽3輪車の生産台数は瞬く間に拡大し、昭和35年(1960年)には19万台を記録するにいたりました。軽3輪車はダイハツ工業の他、東洋工業、新三菱重工業など、合計5社が生産していましたが、軽4輪トラックの登場と共に小口物流・輸送の主役の座を明け渡すこととなり、昭和40年代の半ばに生産は終了します。
誌面を飾った軽3輪車の広告

誌面を飾った軽3輪車の広告

このように、わが国の自動車の戦後史はまず物を運ぶ3輪・4輪トラックの生産から始まりました。わが国独自で発展した3輪トラックは、やがて市場から消えていきましたが、一方で軽4輪車にその命脈は引き継がれていくのです。

[ 全 13 ページ中、 7 ページ目を表示中 ]