軽自動車検査協会 HOME >  軽自動車を知る >  軽自動車の基礎知識 >  軽自動車のナンバー

軽自動車のナンバー

[ 2016年1月15日 更新 ]

軽自動車のナンバー(車両番号標)は、「道路運送車両法施行規則」によって、その様式および表示方法が定められています。「道路運送車両法施行規則」について詳しくは下記リンクをご覧ください。

軽自動車のナンバープレート(車両番号標)に表示される内容について

軽自動車のナンバープレート(車両番号標)に表示される内容については、「道路運送車両法施行規則第36条の17」により、下記のとおり定められています。
ナンバー

ナンバープレート(車両番号標)の表示例

【1】使用の本拠地をあらわす地域名

画像「ナンバープレート(車両番号標)の表示例」の①は、軽自動車の使用の本拠となる地域名をあらわします。ナンバープレート(車両番号標)の登録は、ご自身の使用の本拠を管轄する当協会事務所・支所で行ってください。ご自身の管轄の当協会事務所・支所については、下記リンクより調べることができます。

【2】分類番号

画像「ナンバープレート(車両番号標)の表示例」の②は、軽自動車の用途の分類をあらわす分類番号です。分類番号は、地域名の右側に、1けたから3けたの数字で表示されます。用途の区分と分類番号について詳しくは下記の表をご覧ください。
用途の区分 分類番号
貨物自動車 40 ~ 49、400 ~ 499、600 ~ 699
乗用自動車 50 ~ 59、500 ~ 599、700 ~ 799
特種用途自動車 80 ~ 89、800 ~ 899

【3】ひらがなまたはローマ字

画像「ナンバープレート(車両番号標)の表示例」の③は、自家用・事業用の区別をあらわすひらがなまたはローマ字です。 自家用・事業用については、表示されるひらがなまたはローマ字だけではなく、ナンバープレート(車両番号標)の色によっても区別されています。表示されるひらがなまたはローマ字について詳しくは下記の表をご覧ください。

自家用の軽自動車に表示されるひらがな

自家用
あ行 あ い う え は行 は ひ ふ ほ
か行 か き く け こ ま行 ま み む め も
さ行 さ す せ そ や行 や ゆ よ
た行 た ち つ て と ら行 ら る ろ
な行 な に ぬ ね の わ行

事業用、貸渡用、駐留軍用の軽自動車に使用されるひらがなおよびローマ字

事業用 貸渡(レンタカー) 駐留軍
りれ AB

軽自動車のナンバープレート(車両番号標)の塗色について

軽自動車のナンバープレート(車両番号標)の塗色については、「道路運送車両法施行規則第45条」により、下記のとおり定められています。
自家用の軽自動車のナンバープレート(車両番号標)の塗色は、黄色地に黒字、事業用の軽自動車のナンバープレート(車両番号標)の塗色は、黒地に黄色字と区別されています。
自家用・事業用ナンバープレートの例

自家用・事業用ナンバープレートの例